◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
テニス肘の治療方法
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


テニス肘の治療方法には、病院で注射、リハビリ、ストレッチ、テーピングなど、程度によっていろいろあります。
テニス肘とは、テニスをしているときに、ラケットでボールを打ったときなどに、肘の外側に痛みが生じるというものです。
肘の外側に痛みが出るのは、バックハンドでボールを打ったときで、フォアハンドで打ったときは逆に、肘の内側に痛みが出ます。
原因は、ラケットでボールを打ったときの衝撃がラケットから手首、肘、肩へと伝わることで、肘に負担が伝わることで、痛みが出てしまうということです。
なってしまった場合は、まず、症状を把握して、リハビリなどの対策をする必要があります。
同じような練習をしていても、まったくならない人もいますが、一度なってしまうと大変なので、予防するようにします。
テニスの練習では、同じ動きを繰り返すので、同じ部分に負担がかかってしまいます。
そのため、その負荷が慢性的にたまってくると発症してしまいます。
上腕骨上顆炎といって、テニスに限った症状ではありません。
筋力が弱い人がなりやすく、バドミントン、ボーリングなどでも発症しがちです。
初期の段階では、ちょっと肘が痛い程度なので、気がついたら重症化していたということもよくあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)テニス肘の治療方法