◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慢性関節リウマチかチェックする、慢性関節リウマチの診断
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


慢性関節リウマチの場合、免疫の異常による自己攻撃を
してしまうことが原因なので、攻撃対象を除去することにより、症状を改善することが困難です。
そのため、根治療法は見つかっていません。
しかし、早期発見することで、症状の進行を遅らせることが可能です。
患者数は日本全国で70万人いるといわれています。
原因がよく、わかっていない上に症状が多岐に渡るので、診断を確信させる要因がなく、専門医でも初期段階では診断を迷います。
疑いがある場合、自覚症状を正しく把握することで、早期発見して、適切な治療を受ける必要があります。
関節リウマチの診断基準は次の7つの項目のうち、4つ以上あてはまることです。
○朝のこわばりが1時間以上続く 
○3つ以上の関節が腫れる 
○手首が腫れる、指先から数えて2番目や3番目の関節が脹れる 
○左右対称性に関節が腫れる
これらの症状は6週間以上続くことが条件です。
○レントゲンで手指にリウマチ変化がある 
○リウマトイド結節(皮下結節)がある 
○血液検査でリウマトイド因子がある
関節リウマチは、診断基準にもとづいて診断したら、ガイドラインにもとづいて治療を行うことが推奨されます。
日本リウマチ学会のガイドラインを参考にします。
克服した人の体験談などを、聞いて治療に負けないようにしましょう。
克服していない人の体験談を聞くと、負けそうになるので注意です。
リハビリは症状や程度によって、やり方を変えます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)慢性関節リウマチかチェックする、慢性関節リウマチの診断