◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
前立腺がんの症状、前立腺がんの治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


前立腺がんは、膀胱の出口にある前立腺のがんで、初期にはほとんど症状はありませんが、少し進んでくると軽い排尿困難を伴うようになりますが痛みはありません。
前立腺がんの症状は前立腺肥大症とよく似ていて区別できません。
前立腺がんが進行すると、排尿困難、頻尿、残尿感などがあらわれます。
がんが尿道に進行すると尿道出血するようになりますが、痛みはありません。
骨などに転移すると骨の痛みがあらわれてます。
いろいろな骨に転移するので、毎日、痛む部位が異なり、放置すれば尿閉、
尿毒症となるので、早期に治療することが大切です。
前立腺がんの原因はアンドロゲン(男性ホルモン)だと言われていますが、
正確な原因は不明です。
高齢者に多いがんですが、若い人にも増えてきています。
欧米のがんにより死亡者数の1位は前立腺がんです。
がん細胞には高分化腺がん、中分化腺がん、低分化腺がんがあり、高分化腺がん・中分化腺がんは比較的良性ですが、低分化腺がんは予後が悪いとされています。

前立腺がんの5年生存率は、前立腺だけの場合は70〜90%、前立腺周囲に広がっている場合は50〜70%、リンパ節転移があるときは30〜50%、骨、肺などに転移がある場合の生存率は20〜30%です。
前立腺がんは進行が遅く、名医といわれている医師にかかれば、長生きできる可能性があります。
末期と診断されれば、だいたい半年から1年です。
手術の後遺症として尿失禁とEDがみられます。
手術の費用は進行状況により、大幅に違います。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)前立腺がんの症状、前立腺がんの治療