◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
爪もみの方法
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


爪もみの一般的な方法は、爪の生え際を揉むという方法です。
神経が密集している部分なので、ちょっと押してみると、かなり刺激があることに気づくと思います。
薬指はやらないという方法を提唱している人もいます。

いろいろな効果があるといわれていますが、自律神経に刺激を与えることができるといわれています。
その結果、アトピー、子宮筋腫などにも効果があるという噂もあります。
肩がこったら、肩を揉みますが、爪を揉むことで間接的に肩こりが解消されるという話もあります。
自律神経を整えることで、神経症や冷え性に効果を発揮するだけでなく、内臓全般によい影響がでて、ストレスも解消されるということで、間接的にうつにも効果があるという報告もあるようです。
あまり深く考えずにちょっと揉んでみるといかにも効果がありそうな心地よい刺激があります。
履くだけで足をマッサージすることができる爪もみ靴下という商品もあります。
指によって、効果が違うそうです。
本を読むと、難病と言われるものまで含まれています。
実践してみると一時的に症状が悪化することもあるそうです。
好転反応といった感じで、体内の毒素が出ていると考えておけばよいようです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)爪もみの方法