◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
毛孔性苔癬の症状、毛孔性苔癬の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


毛孔性苔癬は毛孔性角化症の代表的な病気で、遺伝によって、
おきる角化症です。
遺伝が関係していると言われるのは、家族に毛孔性苔癬(毛孔性角化症)
の人がいると発症しやすいことにより、常染色体優性遺伝という遺伝形式を
とると考えられています。
ホルモン代謝異常、ビタミン代謝異常、脂質代謝異常などが関与して
発症すると考えられています。
上腕や大腿の毛穴に角化性丘疹が生じる病気で、思春期の女性や
太り気味の女性に多い慢性の病気です。
30才頃までには自然治癒しますが、10代や20代などの、
一番気になる年頃にだけ発生すると言うのが悩みのたねです。
男性でも、まれに発症することがあります。

写真や画像ではあまりよく見えませんが、実物を見ると、
少し気になります。
しかし、程度によりますが、そこまで気にするほどでもないこともあります。
にんにく卵黄が毛孔性苔癬に効果があるという噂があります。

皮膚科で診てもらって遺伝が原因となっているので、完全に治癒することはないと言われてしまった人もいるようですが、日焼けやその他のきっかけでよくなったり、
悪くなったりすることがあるようです。
あまりに気にしすぎて、自分で皮膚を傷つけてしまう人がいますが、
自分でやって、痕が残ってしまうよりは、レーザー治療やケミカルピーリングを受けてみると効果があるかもしれません。
毛孔性苔癬の中に毛が入っている場合は、永久脱毛などで取り除くこともあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)毛孔性苔癬の症状、毛孔性苔癬の治療