◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ドライマウスの治し方
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


ドライマウスの治し方としては、口の中を潤すことが最優先事項となります。
そもそも、口の中や喉が渇く症状のことをいうので、お茶や雨などによって、口の中に水分を補給することが重要となります。
原因となっているのは、ストレスやアレルギー、病気などです。
ドライアイという言葉の方が有名かも知れません。
口腔乾燥症という呼び方もあって、男性よりも女性に多く発症しやすい病気です。
患者の数は年々増加しており、口臭を伴うこともあるので、本人にとっては深刻な問題となっていることも多いです。
症状が軽い場合は、口の中がねばねばしたり、虫歯が増加したりします。
だんだん進行してくると、舌がひび割れたり、口臭が強くなってきます。
痛みがでて、ひどくなってくると、食事をろくに摂ることも出来ず、話もしづらくなってきます。
あまりかまなくても飲み込むことが出来るような食事を摂ることが多くなったせいか、食事の時に唾液があまりでないことも原因の1つとなっています。
治療方法としては、生活の中で原因となっている要素を改善したり、口の中の保湿などの対症療法が中心となってきます。
また、原因を特定することで、それらの要素を取り除くということが重要となってきます。
専門医に診断してもらったほうがよいです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)ドライマウスの治し方