◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大腸ポリープの症状、大腸ポリープの治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


大腸ポリープは大腸にできるポリープのことです。
ポリープは粘膜から隆起している状態で、特定の病気を意味しているわけではありません。
組織学的には、腫瘍性のものと非腫瘍性のものの2つに大別され、
非腫瘍性ポリープには、若年性ポリープ、炎症性ポリープ、過形成性ポリープありますが、
これらは良性です。
腫瘍性のものは、さらに、上皮性のものと非上皮性のものに分けられます。
非上皮性ポリープは良性で、脂肪腫、平滑筋腫、リンパ管腫などがあります。
大腸ポリープの80%を占めているのは、上皮性のポリープの腺腫です。
腺腫は良性の腫瘍ですが、腺腫の一部にがんが存在していることがあります。
脂肪の多い食べ物を避けることなど、食事を改善することが予防につながります。
再発予防のためにも食事には注意が必要です。

組織型による分類は、腫瘍性のポリープと非腫瘍性ポリープがあり、
腫瘍性のポリープには腺腫と癌があり、非腫瘍性ポリープには若年性ポリープ、過形成ポリープ、炎症性ポリープがあります。
形態による分類は、茎の大きさや長さで有茎性、亜有茎性、広基性に分けられます。

内視鏡手術では、手術後傷口から出血することがありますが、
内視鏡手術では、傷口をしっかりと閉じることが出来ないので、ある程度の出血は避けられません。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)大腸ポリープの症状、大腸ポリープの治療