◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
霰粒腫の症状、霰粒腫の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、まぶたの裏側の目に接している部分にある
瞼板腺(マイボーム腺)の出口がつまってしまうことで、
腺内に液がたまってしまい瞼板腺(マイボーム腺)の
周囲に肉芽性の炎症がおきるもので、瞼板腺(マイボーム腺)の
分泌液が固まってしまう原因は、結膜炎による場合が多いです。
霰粒腫を予防するためには、目や目の周囲を清潔に保ち、
目に触れることがある手も、常に清潔に保つようにします。
手を洗ったり、顔を洗ったときに使うハンカチやタオルも
汚れていると、目に汚れがつくことがあるので清潔にするようにします。
霰粒腫は小さいものをよく見かけますが、大きなものがうつっている写真を見かけることがあります。
小さいものは目薬をさして、しばらく様子をみることもありますが、手術して切開することもあります。
子供の頃はよくできていたけど、自然治癒してしまったという人もいます。
しかし、自然治癒の確率は低いので、病院で切開手術を受けて、治療することが多いです。
放置している人もいます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)霰粒腫の症状、霰粒腫の治療