◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
バジルの育て方、料理、栽培
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


バジルは種子から簡単に育てられるハーブです。
イタリアでは、バジリコと呼ばれる一年草ハーブです。
香りが強く、食用をそそるので、料理によく使われます。
全品種食用可能です。
古代ギリシアでは王家などで、香水や薬に使われていたので、「王様のハーブ」と呼ばれていました。
育て方は、種から、苗から、挿し木の3種類があります。
比較的、育て方が簡単なハーブです。
栽培方法は3種類のうち、種から栽培するのがおすすめです。
○スイートバジル
バジルの代表種です。白い小さな花を咲かせ、
イタリア料理に欠かせないスパイスです。
○ブッシュバジル
スイートバジルの変種です。
香りがやや弱く、葉が小さいのが特徴です。
ハーブティーやスパイスに使われる品種です。
○ホーリーバジル
お香の香りがし、タイ料理の炒め物に
使われるバジルです。
インド原産で、別名バイパカオと呼ばれます。
○レモンバジル
レモンの香りがします。
料理やハーブティーに向いています。
○シナモンバジル
シナモンのような香りです。花が紫で観賞用の人気が高いです。
○パープルラッフルバジル
葉が赤紫色です。ビネガーにつけこむときれいな紫色が出ます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)バジルの育て方、料理、栽培