◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
盲腸の症状、盲腸の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


虫垂炎は、俗に盲腸とか盲腸炎と呼ばれていて、10代後半から
20代の人に多くみられます。
盲腸の原因は不明です。
盲腸とは、小腸から大腸へのつなぎ目のあたりのことで、
その下にぶら下がっている虫垂という細長い突起に炎症が
起きるのが、盲腸です。
だいたいの位置は、右下腹部です。
よく、盲腸と思われる位置に痛みがあって不安になることがありますが、
お腹が少し調子悪いだけだったりすることがあります。
場所が下腹部なので、お腹の調子が悪いと痛みを感じることがありますが、
慢性盲腸の可能性もあるので、検査を受けるべきです。

慢性盲腸と急性盲腸があり、急性盲腸の症状は痛みが激しく、早く処置する必要があります。
虫垂突起の内腔の閉鎖と腸管内細菌による二次感染によって、
炎症が起きると考えられています。
炎症のもととなる細菌は、大腸菌などの腸内細菌ですが、
腸内細菌だけが原因で炎症を起すことはあまりなく、
暴飲暴食、過労、不規則な生活とあいまって盲腸が
発症します。

盲腸に癌ができる盲腸がんは、大腸がんの一部です。
大腸がんは直腸がん、盲腸がん、結腸がんに分類され、約半数が直腸がんで、残りが盲腸がん、結腸癌です。

電車で、役に立たない路線や、行き止まりになっている路線をあたかも盲腸のように見えることから盲腸線といいます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)盲腸の症状、盲腸の治療